HOME

DHAとEPAのコレステロール対策について

DHAとEPAのスペシャル情報

コレステロールの数値を下げよう

コレステロールを下げる。DHA・EPAについて

日本が豊かな国になり、カロリーが多い食品を食べるようになって、飽和脂肪酸の過剰摂取となりコレステロール値が高いということになっています。生活習慣病は現代人特有のもので、そういった食生活に起因しています。昔の日本人は魚や大豆を主なタンパク源としてきました。そのなかでも青魚を食べていたためそういった問題がなっかたのではないかと考えます。つまり、DHAとEPAの成分を、毎日取れていたということなのです。その成分にはコレステロール値を下げる効果や、血液をサラサラにする効果があるから、多くの日本人が健康だったということなのです。今からでも遅くはないです。バランス良い食事生活を心がけましょう。

DHA EPAが、健康に有効ってホンマか。コレステロールを下げる効果について

DHAやEPAが、体に良いとされていますが、ぶっちゃけどのくらいの働きが期待できるのでしょうか。
DHAとEPAには、体を動かす原動力のような役割を果たす「中性脂肪」のバランスを調整する働きがあります。そして、このバランス調整から、善玉や悪玉といったコレステロールの健康に高い効果があるのです。食事などで調整することも可能ですが、いろいろと制限が必要になるので数値を下げたいと言う方は、DHAとEPAの入るサプリメントでの調整がいいかと思います。

コレステロールを下げる、DHA・EPAに期待したい

DHA・EPAには、さまざまな健康効果に働きがあることが分かっています。健康に生きていくためには、無くてはならない重要な働きをする成分なのです。効果的には、体内で増えてしまったコレステロールを下げる働きが有名だと思いますが、これは主に血液をきれいにするといった健康に働きかけることからつながっています。健康に有効な成分とわかっているのですが、なかなか体内に摂りづらいという問題があるのです。問題と言って大きくしてしまいましたが、解決方法としては簡単で、成分が含む食品を毎日取れるかで解決できます。DHAとEPAに期待したい方は、続ける努力が必要ということです。

DHA EPA

草花木果化粧品