HOME

DHAの効果について

DHAとEPAのスペシャル情報

DHAの効果と効能とは

DHAの効果と効能

DHAは、脳の海馬や目の網膜に多く存在しており、乳幼児の発育にも関与しています。
DHAの効果と効能は、脳の働きを活性化する、ストレスに強くなる、花粉症などのアレルギー症状を緩和する、動体視力が改善される、ということがあげられます。この他、血圧を安定させたりコレステロール値を正常にしたりすることもできます。コレステロールの悪玉を減らし、善玉を増やす働きで健康へと導いてくれるのです。

DHA・epaの効果や副作用のことを学びますか

DHAとepaは、どちらもオメガ3脂肪酸の一種で、分子構造が良く似ています。しかし、体に与える作用には違いがあります。
DHAの大きな特徴は、神経系に作用することです。脳の活動を活性させて、記憶力や集中を高めます。また、視力回復にも役立つといわれています。
一方のepaは、血小板凝集抑制作用に優れています。血栓の予防が出来るため、血液がサラサラになりやすくなります。
DHAとepaを摂る場合、どちらも適正量内であれば、副作用はありません。ただし、これらを多く含む青魚には水銀が含まれていることがあるので、妊婦は気をつけなければなりません。

DHA・EPAってうつ病に効果ありますか

魚をたくさん食べる国では、うつ病にかかる人が少ないというデータがあります。
このようなことから、魚などに含まれるDHAやEPAにはうつ病の症状を改善する効果があると考えられていますが、必ずしもそうとは限りません。これらの成分がうつ病に効くという明確な根拠はないため、たとえ魚を食べたからといっても確実にうつ病が良くなるわけではないのです。ただし、DHAやEPAを摂取することでイライラが緩和されたりストレスが軽減される可能性があるのは事実です。そのため、興味のある人はこういった成分をぜひ摂取するように心がけてみると良いでしょう。

DHA EPA

草花木果化粧品