HOME

DHAとEPAのうつ病改善について

DHAとEPAのスペシャル情報

うつ病を改善しよう

EPAやDHAは精神安定・うつ病改善にも効果がある

今や日本人口の実に四人に一人がうつ病もしくはその前段階の状態であると言われています。
精神安定剤などを服用している人も意外と多く、ストレス社会という言葉がぴったりな現代社会ですが、うつ病改善の為には実は身の回りにある食べ物などが効果を発揮してくれます。それは、魚に含まれるDHAやEPAと呼ばれる成分です。
DHAが血中に少ない人ほどキレやすいというデータや、魚の消費量が多い国ほどうつ病になる人が少ないという相関関係を表したデータも発表されているくらいです。なかなか、自宅で魚を食べないという方も多いと思いますが、外食などから少しずつ魚を摂るだけでもかなり変わってくるみたいですよ。

DHA・EPAサプリがうつ病を改善する研究結果

DHA・EPAサプリがうつ病を改善する研究結果が報告されています。これはオーストラリアのウロンゴング大学の研究チームが発表したもので、うつ病患者95名を対象にして、DHAサプリと偽のサプリを投薬した結果、うつ病を改善する効果が見られたというものです。
うつ病という精神に大きく関わっている病も食とは無関係ではないということが分かると同時に、DHAやEPAという栄養素の働きが分かってきたということになるでしょう。これらの栄養素は青魚であるアジやいわしに多く含まれるので、これらを食してきた昔の日本人にはあまりうつの人がいなかったのかもしれません。

DHAやEPAにうつ病改善・精神安定効果があるって本当

ストレスの多い現代社会の中でうつ病を抱えている人が世界で増えています。
魚の健康成分であるDHA・EPAはうつ病の予防や改善に効果がある事が分かっています。日本をはじめ魚を普段からよく食べる習慣がある国ではうつ病の発症率が極めて低く、自殺率も少ないことがデータとして判明しています。
うつ病患者の中でもEPAの値が高い人ほどうつ症状が軽度であり、この結果からも十分な関係性が認められています。またDHAが不足するとイライラしたりキレやすくなることが実際の研究、実験結果で分かっています。日常的に魚やサプリメントからDHA・EPAを摂取することで精神安定効果が得られ、心身ともに健康になれるのです。

DHA EPA

草花木果化粧品